"Colors" by ヤマーダ

京都のアパレルファクトリー、シルクスクリーンプリントのヤマーダ

Posted by Yamar-da on   0 comments   0 trackback

キャベツ

立冬をむかえ、朝晩が、だんだんと寒くなってきました。京都の冬はとても寒く、いまだに慣れませんが。。

仕事場ではプリントしだすと、少し汗ばむくらいなので、まだ半袖で頑張ってます。

調色

Posted by Yamar-da on   0 comments   0 trackback



調色データの整理をしてみました。毎日数十色のインクを作って、指定された微妙な色合いのインクを作ってます。
色には強い方ですが、毎日コツコツと、調色することで確実に色の感覚が鍛えられていると思います。

家庭菜園

Posted by Yamar-da on   0 comments   0 trackback



ようやく朝顔が咲き始めました。二種類植えて、赤い花が咲くこちらは、はじめ全然成長しなかったのですが急に伸びて花が咲きました。もう一方の株はぐんぐん成長してるのですがツルと葉っぱのみで全然花が咲きません。予定では水色の花が咲くみたいです。

1530454335837.jpg
ミニトマトも赤くなり食べごろです♪

家庭菜園

Posted by Yamar-da on   0 comments   0 trackback

20180624233444481.jpg

4月から植え始めたミニトマト。ようやく赤くなり始めました。
2018062423345419e.jpg
一緒に育てているバジルも花を咲かせています。

Posted by Yamar-da on   0 comments   0 trackback



「頂点に立たなければ、 見えない風景というのが あるんだよ」 映画ピンポンより引用

昔スーパーカブ50ccに乗っていた。初めて乗った時は、車と一緒の道路を走れる、自転車よりも早いという感動からどこまでも走り続けられる気がした。

2年前に普通自動二輪の免許をとり250ccのバイクに乗り換えたとき、パワーの違いに驚いたし、こんなバイク乗りこなせるのか、とも思った。

去年大型自動二輪免許を取得。750ccの教習車を乗った後自分のバイクに乗ると自転車のような感じがした。

50ccから1000cc以上まで上には上がいるということ。原付に乗り続けていたら原付の世界しか知らなかっただろう。中型で世界が広がったし、大型でまた違う世界が待っているかもしれない。そう思えたのは一つ上の世界を覗いたからかもしれない。

現状で満足するのは簡単だ。しかし一つ上の世界にいくと、今まで満足していた世界が違って見えてくる。昔は理解できなかったが頂点に立たなければ、見えない風景というのが確かにある。